| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
シェリーちゃん

 

 

 

 

 

 

 

虹の橋に行ったシェリー!

 

20日がシェリーの13回目の誕生日。

 

 

実はあたし、23日と勘違いしてました。

 

ごめん!シェリー!

 

 

 

 

 

 

 

 

まだお誕生日も迎えてない頃のシェリー。

 

本当に賢い子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが一番最初の訓練だっかのかも?

 

4ヶ月くらいかなぁ?

 

やっぱりちっちゃくてかわいいなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな顔よくしてたわっ!

 

 

シェリーには楽しい思い出いっぱいもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう成犬かなぁ?

 

 

でも小さなラブでした。

 

20キロちょっとくらい?

 

 

 

 

 

 

アルもうちの子になり、一緒に訓練始めた頃の写真。

 

つーーか、シェリーの訓練は終わってましたが、アルのために参加してくれた。

 

シェリーがお手本!(爆)

 

2006年頃の写真です。

 

シェリーがまだ2歳っかぁ〜

 

アルとジェナは同級生。

 

ジェナはベルジアンタービュレン。

 

1歳にもなってないのに、シェリーよりデカイ二頭(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェナも訓練に来てくれてたんやね〜

 

昨年、ジェナは虹の橋に行っちゃった!

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃、三頭で走り回ったりしてたなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

シェリーはあたし達が来るのを待っててくれてるんかなぁ?

 

ジェナにも会えたかなぁ?

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうシェリーちゃん〜〜〜!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

シェリー comments(0) trackbacks(0)
ちょっと元気になりました。




一番好きなシェリーの写真です。




シェリーのことでは色々心配してくださってありがとうございました。


シェリーの闘病をブログにアップしてる時はほんと辛かったです。

毎日泣きながら書いてました。

なんで辛いのに書くのか?

その時は何も考えずに書いてました。

今はブログも読み返せません。

時期が来たらシェリーの辛そうな写真も見れるのかな?


やっと少し落ち着きました。




訓練の先生に亡くなった日に連絡した時に、アルくんはどうですか?って聞かれました。

そう、多頭犬飼いしてると、残されたコのケアが必要みたいです。

年が近ければ、後追いして亡くなるコもいるようで。

うちは2歳離れてます。

だから、アルがうちに来た時にはもうシェリーはいました。









なので、ひとりになったことがが無いアル。

やっぱりどこが淋しそうで、わたしがメソメソしてたらアルは余計に哀しくなるんじゃないかと。

あたしも 残されたアルの為に泣いてばかりだとあかん!

元気ださねばって!

シェリーも苦しかったのが解放されたのだから・・・・・って思うようにして。


シェリーはアルのことを自分の子供のように思ってました。

あたしはいつもそう思ってます。

知らない犬が来たら、先頭にたって威嚇します。

これって、アルが来てからシェリーが変わったことです。

体もアルのほうがデカイのにね。(笑)

だから、あたしがいなくなったんでママ、アルを守ってあげて!って思ってるかも?









アルも今年で9歳になります。

そろそろ何があるか分からない歳になりました。

10歳過ぎたら後はおまけよ!って言われてました。

大型犬はそうなんですよね。


これからはココロの中のシェリーと一緒にアルを守って、もっといっぱい可愛がって・・・いきます。


 
シェリー comments(0) trackbacks(0)
最後の最後





シェリーと最後の別れをしてきました。


夫と、娘とあたし・・・・

娘は風邪を引いて熱があるのですが、一緒に行ってくれました。

娘のことが好きだったシェリー!

喜んでくれてたかなぁ?

お骨は散骨してくださるようにお願いしました。

今年の10月に他のお友達と一緒に・・・・








シェリーは特別なコでした。

実は息子が突然に何万人にひとりしかならない病気になり、移植しないと生きられないと宣告され、家族が凹んでいる時に、うちの中を少しでも明るくしたいと思ってむかえ入れたコでした。

息子も次の年に移植出来て、今は二児の父親になりました。

哀しい時も嬉しかった時も シェリーは傍にいてくれました。

あたしたち家族をいつも応援してくれてました。

シェリーがいてくれたから大変だったことも乗り切れたと思います。

家族にとって、あたしにとって本当に幸せにしてくれたコです。









あたしはココロの中でいつもラッキー犬って呼んでました。

これは誰にも言ってなかったです。

何かあった時、シェリーにお願いしてました。


そんなシェリーももう10歳を過ぎ別れがいつ来てもおかしくない歳。

そして、虹の橋を渡りました。


こんな哀しいお正月は初めてです。

しかし、シェリーはこの日を選んでくれたのだと思ってます。

お正月だからみんなシェリーに逢えたのです。


ココロに中にはいつもと同じシェリーがいます。

あたしは思い出すたび、メソメソしてます。

いつまでもメソメソしてたらシェリーに叱られますね。

空から、ママは泣き虫だな!って笑っているのかな?


シェリーありがと〜〜!


cafe de ruru ここから sherryにリンクしてください。

シェリーのちっちゃころ見れます。


 
シェリー comments(3) trackbacks(0)
シェリーが虹の橋を渡りました。
今朝早くシェリーは旅立ちました。

10歳と10ヶ月。

あんなに元気にしていたのに、あっと言う間の1週間でした。



あたしがウトウトっとした一瞬だったと思います。

シェリーにかかってるタオルが動いていません。

あ!

シェリー!シェリー!!

息してない。

でも暖かい!

起きてよ〜〜〜シェリー!

相方を呼びに行って。

相方もシェリーをすごい力で揺すります。

でもシェリーは起きてくれない。

小さく目を開けたまま・・・・・

旅立ったのです。



シェリーはいい人生送ったかな?

これでよかったのかな?

そんなことばかり考えてしまいます。

苦しいのから解放されてんからよかったやんって相方は言いますが・・・

さみしい〜〜〜

今にも起きて、パンちょうだいってキッチンに走ってくるような・・・・・

もう大好きだったパンもいっぱい食べれるからね。。。



明日、荼毘に付されます。

今日は一日、シェリーのこと思ってやってください。

心配してくさったみなさん、ありがとうございました。

シェリーもきっとありがとう〜って言ってると思います。


 
シェリー comments(9) trackbacks(0)
ただいま〜!




今夜、シェリー退院しました。


我が家に帰ってきました〜〜!









アルもお出迎え。









シェリーはしんどそうだけど・・・・・

でも嬉しいのかも?


今日はもう立てないみたいです。

帰ってすぐに黒色便をしました。

どす黒い血の便です。

おしめをしました。


お兄ちゃんが仕事の帰りに寄ってくれました。

『シェリーマ〜くん来てくれたよ!』って言ったら、首を上げてクリクリした目でしっかり見つめていました。

分かったのかな?

分かるよね〜〜〜!


ウトウトしたり、しんどそうなのに首上げてこちらを見たり・・・・

今は横になって寝ているようです。

お腹が揺れているのを確認。

息してます。


明日はお姉ちゃんが帰って来てくれます。

楽しみだね〜シェリーちゃん!!

ゆっくり眠ろう〜ねっ!

 
シェリー comments(2) trackbacks(0)
三日のはずが四日目です。




12月24日のクリスマスイブの朝のシェリーです。





入院四日目。

全く何も食べないそうです。

ムリに口に入れても吐く。

入院してから何も食べてないです。


そして、哀しいことに、DICの検査は当たりでした。

DICです。

ビリルビンが14になってました。


どうしたらいいのか?



①シェリーを家に連れて帰る。

ご飯も食べないし、痛み止めも出来ないし。

鵯、2日でさよなら。


②シェリーを家に連れて帰る。(朝病院に預けて点滴。夕方お迎えにいく。)

朝夕病院に行くのもシェリーにとってどんなもんなのか?

しんどいのかもしれない?

ストレスもかかる。


③そのまま入院させてもらう。

入院しているとあたし達にとってちょっと安心であり、シェリーにとってはひとりぽっち。

寂しいかな?


どうしよ?

でも考えても考えても答えが出ない。

で、そのまま今夜も入院。


今日はお部屋に来るのも可哀想かなぁ?って思い、面会を中止しました。

顔見たかったけど・・・・・(涙)

先生とのお話のみでした。


明日は主治医の先生はお休みらしいのですが、シェリーと私達の為に出て来てくれはるみたいです。

ありがたいことです。

明日も病院に行きます。

 
シェリー comments(0) trackbacks(0)
シェリー入院三日目
入院三日目。

朝の採血で、DICの疑い。

他の検査機関で検査。

怖い〜〜!

すごく怖いです。


DICとは、小さな血栓が全身の血管に発生して、小さな血管を詰まらせるとともに、出血の制御に必要な血小板と凝固因子を使い果たしてしまい、出血が生じやすくなる。



ビリルビン(黄疸)は8.7。

昨日よりまた上がりました。

そして血小板減少傾向に。

血が固まらないです。











当初入院は三日くらいだとお話があったのに・・・・

どんどん悪くなっていってます。

点滴、投薬・・・

対処療法しかないらしいです。

血小板が減少してるので輸血の話しも出ました。



家に連れて帰えろーとも考えました。

病院で待っている時、二人で吐きそうになりながら考えました。

先生とも色々お話しました。

このまま家に連れて帰ると1、2日でサヨナラかもしれないと。

そして、輸血してよくなったコがいると聞いて、それにかけてみようと。

後で後悔はしたくないので、輸血をお願いしました。

それからまた考えます。

費用のほうも相当かかるのでそれも視野にと先生はおっしゃってくださいました。


しかし、色々考えていると、もうどうしたらいいのか分からなくなってきます。

何がいいのか?

病院がいいのか?

10年いた家がいいのか?

考えても考えても分かりません。

シェリーがしゃべってくれたら・・・・・・









今日はお友達が来てくれて、シェリーにあげてと、ヤギミルクとフードを持ってきてくれました。

ほんとありがたいです。

バカみたいに笑ってたけど本当は涙がでるほど嬉しかったです。


シェリーにも逢えました。

友達に貰ったミルクとフード、それにすりおろしたリンゴ。

でも一口も食べてくれませんでした。

哀しかったです。


たぶん8時過ぎから輸血していると思います。

先生は11時までいてくださるようです。


シェリーは我慢強いコです。


 
シェリー comments(2) trackbacks(0)
今日のシェリー




入院二日目。

今日も面会に行ってきました。

朝から病院から連絡なかったので、夕方安心して行きましたが、結果は良くなかったです。


黄疸の数値が昨日の倍になってました。

普通は、0.1。

昨日のシェリーは4。

今日のシェリーは8でした。

白目もあたしでも分かるくらい黄色かったです。







今日は、大きい方の診察室まで連れてきてくださいました。

病院のフードも食べないので、いつものフードを持って行き、あたしたちの手からあげましたが、食べてくれません!

ご飯を食べないってやっぱり唯事ではありません。


シェリーは外に出て帰りたいのか?

ドアの方ばかり行きます。

なんかヨソヨソしい感じです。

目もあまり見てくれないし・・・・・

今日は相方も逢ってくれて、ヨソヨソしいほうがええわ〜〜って遠いところ見つめて言ってました。(笑)








結果がよくないので、入院も長引きそうです。

この時はちょっと元気そうに見えましたが、自分のお部屋ではすっと横になってるみたいです。

しんどいんですよね。きっと!


血液が体にいっぱい出て来てそれが固まって・・・・・・そうなるとサヨナラみたいです。

先生は入院中に亡くなってしまうこともあるかもしれないってことを、了承してくださいと言いにくそうにおっしゃってました。

あたしたち家族は何も出来ない。

お任せするしか・・・・・

先生の一生懸命さが伝わり感謝しております。


痛さだけは和らげてほしいいとお願いしてきました。

痛み止めは使っていただいているみたいです。

痛いのはかわいそうです。

明日はシェリーの好きなモノを持って行ってあげよ〜〜〜っと!



 
シェリー comments(3) trackbacks(0)
シェリー入院しました。




シェリー入院しました。

実は、10日くらい前から調子があまりよくなく、嘔吐と下痢してました。

でも元気なので、整腸剤を飲ませて様子みていました。

が、

昨夜、遅くから様子が一転。

具合悪そうで、目も虚ろで息も荒かった。

午前三時くらいまであたしも寝ないでシェリーを観察。

明日の事考えるとあたしも寝た方がよいのでベッドへ。

朝起きたら・・・もしも・・・なんて考えていたら結局ベッドに入っても寝られませんでした。

横になってずーーっと考えてました。

シェリーの中で何で起こっているの???



そして、今朝、嘔吐に血が混じってました。

それでもお散歩に行きたいと。

早足でお散歩するシェリー。

昨夜よりは少しマシのようにみえました。



8時半に動物病院へ。

熱もあり黄疸もあるような感じでした。

血液検査、レントゲン、エコーをさせてほしいのであずからせてくださいと。

午後6時頃にお迎えということで帰りました。

お昼過ぎて、先生から電話がありました。


膵炎らしい?

早く手を打たないとで、2、3日入院して点滴と投薬したいと。

入院させる事を承諾しました。



夕方、詳しい話しを聞きに行きました。

血液検査の数値はすごいものでした。

炎症反応は普通の10倍。

肝臓の数値、胆嚢・・・・すべて高い。

肝不全・・・・・

ビリルビン(黄疸)も出てます。

結局、それでも決定的な膵炎とは言えないみたいで、他所の機関に調べてもらうみたいです。

で、

肝臓や、ビリルビンや炎症反応の数値がまた高くなったらヤバイみたいです。

ここ3日くらいがヤマみたいですね。


面会させてもらいました。









相方は可哀想で顔見れないって言うんです。

あたしはシェリーの顔が見たかったです。


じっとあたしの顔見るシェリー。

しっぽも振ってくれません。

『シェリーちゃん頑張りや〜〜』って声かけて。

後の言葉が出てきません。

具合悪そうで、辛そうで・・・・・何も言えないシェリー。


可哀想で可哀想で。


明日も面会に行くつもりです。

辛いけど頑張ってほしいです。


 
シェリー comments(7) trackbacks(0)
| 1/1 |